富士通「FMV-DESKPOWER」、Windows Vistaを搭載したデスクトップPC、4シリーズ10機種を発売。

全機種に最新OS「Windows Vista」および「Office Personal 2007」を搭載するとともに、デジタル放送やネットテレビなどAV機能を強化した新シリーズを1月30日に発売する。今回のラインアップはTXシリーズ、LXシリーズ、EKシリーズ、CEシリーズの4シリーズ10機種。ラインアップの一部では、OSの起動を待たずにすぐに使いたいというニーズに応える機能として、独自技術「Quick Start Technology」を搭載した。

TXシリーズでは高精細な37型フルHD液晶ディスプレイを搭載し、画面周りのカラーリングとしてリビングに相応しいオーシャンブラックを採用した。

LXシリーズはパーソナルルームでのデジタル放送の視聴・録画に最適な液晶一体型PC。

EKシリーズは「Windows Vista Home Premium」を搭載した上位モデルをラインナップ。「Core 2 Duo」およびデュアルチャネル構成の1Gバイトメモリの採用により、基本性能を強化している。

CEシリーズはPCとしての基本性能を追求した分離型PCとなっている。

<関連情報>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://pcsta.com/mt-tb.cgi/296

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)