レノボ「ThinkPad X61」「Lenovo 3000 V200」、バッテリーの駆動時間をコントロールできるCentrino Pro搭載B5ノート2機種発売。


ThinkPad X61

「ThinkPad X」シリーズの新ラインアップとして、最新のCentrino Proを搭載した「ThinkPad X61」、またCentrino Duoを搭載したノートPC「Lenovo 3000 V200」も合わせて発表した。

ThinkPad X61は12.1V型液晶ディスプレイを搭載し、OS/CPU/HDD/メモリの種類が異なる4モデルが用意されている。最上位モデルの主な仕様は、OS がWindows Vista Businessで、CPUはCore 2 Duo L7300(2.0GHz)。

Lenovo 3000 V200主な仕様は、CPUがCore 2 Duo T7100(1.80GHz)で、HDDは120GB、メモリは1GB。OSはWindows Vista BusinessWindows Vista Home Premiumの2つが用意されている。インターフェースはUSB 2.0×3、IEEE 1394(4ピン)、RJ-45など。

<関連情報>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://pcsta.com/mt-tb.cgi/367

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)