■スペックの用語解説

戻る

FSB

CPUとメインメモリや拡張スロットなどを接続するデータ伝走路。

FSBの帯域が広ければ高性能ではあるが、ただ帯域が広ければ良いという物でなく、FSBとメインメモリのバランスが重要である。FSB帯域が広くとも、メインメモリの帯域が狭ければFSBの性能を発揮しきれない。メインメモリはグラフィックボードやHDD等のデバイスと直接データ転送を行う為、一般的にはFSBよりもメモリの方が帯域幅が必要であるとされる。