■スペックの用語解説

戻る

グラフィックスアクセラレータ

パソコンの中で画面表示を行うビデオチップ(またはビデオカード)のうち、CPUに代わって描画処理を行なう機能を持ったものことです。CPUの負担を軽減し、性能の向上をもたらします。
2Dと3Dのグラフィックスアクセラレータがあり、2Dグラフィックスアクセラレータは直線、矩形、円弧の描画や、マウスカーソルと背景イメージの重ね合わせ、CPUを介さずにメインメモリとビデオメモリのデータ転送などの機能を持ち、3DグラフィックスアクセラレータはCGやゲームなどで用いられる3Dグラフィックスの処理を高速化できる機能を持ちます。現在販売されているものはすべて2D/3D両アクセラレータの機能を備えています。

<関連用語>