■スペックの用語解説

戻る

ハードディスクドライブ(HDD)

ポイント

ハードディスクの容量、アクセス速度(rpm)をチェック

パソコン内でデータやアプリケーションを記憶する代表的な記憶装置です。大きい程、たくさんのソフトウエアやデータが格納できます。
最近は映像データ処理やテレビ録画が行えるソフトがインストールされた機種も多くなり、ハードディスク容量は30GBから120GBくらいが主流となっています。テレビ録画の場合、目安として60GBなら標準画質(4Mbps程度)で20~30時間の録画が可能です。
ハードディスクにはOS、プログラムやその他ファイルが記憶されていますが、この記憶されているものをどれだけ速く読み込めるかによって、プログラムが起動する速度が変わってきます。たくさんのファイルを読み込む場合の処理時間は、ハードディスクの性能によって差が出てきます。デスクトップに搭載されている一般的なハードディスクは5400rpmのものが多いですが、速いもので7200rpmのもの、最も速いものでは15000rpmなどがあります。ノートパソコンに搭載されているハードディスクでは速いもので5400rpm、最も速いものでも7200rpmとなっています。
このハードディスクのアクセス速度が速い程パソコンの処理速度も速くなりますが、反面、アクセス速度が速い程熱を発しやすく音もうるさくなります。

<関連用語>