■スペックの用語解説

戻る

OS(オーエス)

ポイント

Windows Vista、どのエディションを選べばいい?
グレードの高いエディションを選んだからと言って、自分が利用しない機能であれば意味がありません。自分の用途に合ったものを選ぶことをお勧めします。

OSとはオペレーション・システムの略でパソコンを起動させるための基本ソフトです。
現在発売されているものではWindows Vistaで、用途に合わせて数種類のエディションがあります。個人向けには画像、映像、音楽などのエンターテイメントをたのしむ為の機能が強化されており、ビジネス向けにはセキュリティが強化されたエディションが発売されています。

<代表的なOSの種類>
Microsoft社

Windows Vista

Vistaの機能比較

Home Basic

家庭での基本的なコンピュータ利用のニーズに対応したOS。

インターネットや電子メールの利用、また、写真の観賞などの用途を中心に家庭でパソコンを利用するのに最適なエディション。

Home Premium

家庭のコンピュータとしても外出先でも安全で使いやすく、エンターテイメントを楽しむことができるエディション。

デジタル写真、テレビ、映画、音楽をより簡単に楽しむことが出来る機能と、セキュリティの信頼性が大幅に強化されている。

Ultimate

Windows Vista の最も充実したエディションです。ビジネスに必要な性能、セキュリティ機能、モバイル機能、さらにはあらゆるエンターテイメント機能も備える。

Windows Media Center、高精細ビデオ対応の Windows ムービー メーカー、Windows DVD メーカーを始めとする Windows Vista Home Premium の機能がすべて備わっており、またビジネスネットワーキング機能、集中管理ツール、先進的なシステム バックアップ機能を始めとする Windows Vista Business の機能やWindows Vista Ultimate にはセキュリティやデータ保護の新機能がすべて備わっている。

Business 中小企業を中心としたビジネスのニーズに応えることを目的に設計されたOS。

社員のネットワーク接続の管理が簡単になり、オフィス内外でより効率的に PC を活用することが可能。

Enterprise Windows Vista Businessに搭載されているすべての機能を利用でき、さらにWindows BitLockerのドライブ暗号化が搭載されており、この新テクノロジにより、コンピュータの紛失や盗難に遭った場合でも、機密情報や知的財産が悪意のある第三者の手に渡ることを防ぐことができる。
個人情報や企業情報の流出などを防ぐことが出来るまさに企業向けのOSと言える。
Windows XP Home Edition  Home EditionとProfessionalの違いは、ファイルのアクセス権管理機能のほか、主にネットワークベースの管理機能が有るか無いかの違いとなっています。
Professionalは企業ネットワークで集中管理を行なうなどの方向けですので、ネットワーク管理を行わないような個人ユースの場合にはHome Editionで十分です。
※詳細はこちら⇒Windows XP の機能比較
Windows XP Professional
Windows XP Media Center Edition 2004  Windows XPをホームエンターテイメント用に機能を拡張したOSで、マウスやキーボードのみでなく、リモコンを利用した入力にも対応しています。  DVDなどのデジタルメディアをリモコンで操作できるようになっている他、テレビチューナー、テレビ出力、デジタルオーディオ出力、ハードウェアエンコーダの機能も備えており、電子テレビガイドを利用してテレビ番組の放映やデジタル録画を見たり、音楽やデジタル・ビデオ、DVD映画の鑑賞などを行うことが可能です。
このOSを搭載したパソコンは「メディアセンターPC」と呼ばれています。

<関連用語>

  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Aero
  • Windows Vista Business