東芝「dynabook Satellite WXW」、GeForce 8700M GTを搭載し、グラフィックの強化を図ったノートPC。


dynabook Satellite WXW

dynabook Satellite WXWは、Centrino Duoを採用するとともに、グラフィックボードには最新のGeForce 8700M GTを搭載し、dynabookシリーズのグラフィック強化モデルの最上位機種となっている。3Dグラフィックの高速描画やストリーミング映像などをスムーズに表示でき、オンラインゲームの使用にも最適だとしている。

⇒詳細を見る

harman/kardonの5ステレオスピーカーシステムを採用したことで、幅広い音域を誇る。また、サウンドエンターテイメントシステム「ドルビーホームシアター」を備えて、5.1chサラウンドでゲームやDVD映像を楽しめる仕様となっている。

ディスプレイは17型ワイドClear SuperView液晶で、解像度は1,680×1,050ピクセル(WSXGA+)。有効130万画素のWebカメラも搭載している。

CPUはCore 2 Duo T7300(2GHz)。チップセットはモバイルインテル PM965 Express。HDDは120GB。2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載する。IEEE802.11a/b/g準拠の無線LANに対応。

<東芝パソコンが買えるネットショップ>

  • 東芝ダイレクトPC (メーカー直販サイト)
  • ソフマップ
  • Yahoo!ショッピング
  • <関連情報>

    トラックバック

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://pcsta.com/mt-tb.cgi/375

    コメントを投稿

    (いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)